当社は、昭和37年3月23日、日本船貨保全株式会社として発足しました。
 その前身は、昭和20年代中ごろ神戸港で船舶貨物の保全警備に従事したことに端を発するもので、我が国で最初に設立された専業警備会社です。
 以来、東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・北九州のいわゆる6大港を柱に、船橋・室蘭・苫小牧・山口等に支店・営業所を開設し、港湾地域の警備業務にとどまらず雑踏・交通誘導など多種多様な警備業務も行っており、広く産業界のご愛顧を賜っております。改正SOLAS条約に基づくテロ対策の一環として「港湾施設保安業務」にもワッチマン業協会の一員として対応しています。
 これからも多様化する社会の中でお客様のニーズに万全な体制でお応えすべく日々取り組んでいます。

昭和37年 3月神戸市中央区波止場町 無番地に会社を設立し、
商号を日本船貨保全株式会社と定める。
資本金 300万円
昭和38年 4月大阪営業所を開設する。
昭和39年 7月名古屋営業所(昭和44年6月支店昇格)を開設する。
昭和39年 8月東京営業所(昭和46年1月支店昇格)を開設する。
昭和39年 9月九州(門司)営業所(昭和47年6月支店昇格)を開設する。
昭和39年11月横浜営業所(昭和41年7月支店昇格)を開設する。
昭和39年11月神戸支店(昭和58年5月阪神支店に改称)を開設する。
昭和43年 7月本社を横浜市中区弁天通2丁目26番に移転する。
新株式18,000株(900万円)を発行し、資本金1,200万円(24,000株)となる。
昭和45年10月船橋出張所(昭和49年5月営業所昇格)を開設する。
昭和46年 3月本社を東京都品川区東品川1丁目25番8号に移転する。
昭和46年 7月新株式72,000株(3,600万円)を発行し、資本金4,800万円(96,000株)となる。
昭和46年 9月商号を大日本警備保障株式会社と改める。
昭和48年 1月下関出張所(昭和55年11月山口支店に昇格改称)を開設する。
昭和48年10月商号を株式会社大日警に改める。
昭和50年 7月徳山営業所(平成21年10月周南支店に昇格改称)を開設する。
昭和52年 7月本社を東京都港区海岸三丁目1番8号に移転する。
昭和57年 6月新株式4,000株(200万円)を発行し、資本金5,000万円(100,000株)となる。
平成元年 8月室蘭営業所を開設する。
平成9年10月室蘭営業所を開設する。
平成22年 9月山口県周南市に子会社「株式会社大日警周南」を設立し、周南支店の業務を移管する。